来年になったら本気だす


by lagrange4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Q.タイトルから迷走してそうだが大丈夫か?
A.大丈夫だ、問題ない

さて今更意識と無意識について解説は不要だとは思います。
中島悟氏が「街中を車で流してると気づいたら目的地についてる」とかのたまったアレです。

話がいろいろ広がりすぎそうなので対象をゲームに絞ろうかと。
最初に言っておくとたぶんオチがないです。まとまらない予感がひしひしと。


話のきっかけとしては、REFLECBEATの操作にJUST REFLECというものがありまして、「タッチ&スライド+ゲージ1本消費」という操作とコストなんですが、
それを意識しないで出すとかどうとかそんなことでした。

で、友人は「無意識にやってたら勝手にJUSTやる」
僕はというと、
REFLECBEAT始めた頃:スライドよくわかんない、JUSTREFLECできない
→ちょっと慣れて来た頃:ヒャッホーJUSTできなくても全部スライドしちゃえば問題なくねぇ?摩擦摩擦!
→フルコンAAAで埋め始める頃:押さえる所はちゃんと押さないとJUSTよく外すからスライドはやりたい時だけ(中華急行の初回フルコンAAAはJUSTREFLEC回数0でした)
↑今ココ

なもんで最近はスライドする、しないはおかげさまで大体好きな時に出せるように。
そこでふと思ったこと。「無意識だとスライドするの?しないの?」

REFLECBEATをよーく思い返してみると…無意識ってやってなくね…?と気づきました(´-Д-)

なんというか、無意識とか自動的というか、オートパイロットと書くとえらくかっこいいな!
練度が上がるとそれで処理しちゃう人、しちゃえる人ってのはいるわけなんですが、

まあ自分の無意識ってやつはどうもポンコツくさくて、意識しない→動かないくらいの性能しか持ち合わせてないようで。

たぶん原因の1つにバーチャコップがある気がしてなりませんが。

犯人達が物陰に潜みこちらをうかがっている。歩を進め、周囲の状況をつかみ、異変があれば銃口を向ける。犯人と向かい合った時にためらってはいけない。撃たれるのは自分なのだから。
一歩、また一歩と進み、物影から----

ドーン、シューミー!
(画面を覆うように両手を嬉しそうに広げて)

パーン。
撃つyp!そんな緊張してる場面に水を差すような緊張感のない声で邪魔すんなよ!wwwwwwwwwwwww

ヘルプミー!
(流暢な英語で犯人と自分の射線をさえぎるように画面を横切りながら)

パーン。
邪魔だyp!

おかげさまでバーチャコップは被弾はあまりないのにすぐゲームオーバーになってた気がします。デスクリムゾンのムササビとどっちが邪魔だよ人質どもめ。

とまあそういう経験があったせいというわけでもないんですが、
無意識にまかせるのは引き金の引き方、ドラムマニアならパッドの位置を正しく叩く方法、REFLECBEATならスライドの方法、スライドしないタッチの方法、あたりで、
引き金を引くかどうか、どのパッドを叩くか、スライドするか、タッチだけか、は無意識ではやらないように叩き込んでしまった感はあります。

ドライバ層とアプリケーション層というか、インターフェース処理と内部処理というか、そんな例え方をしたくなるような分割ですが。

というわけで無意識にクリアしちゃう、というのはうらやましいことはなくもないんですが、
個人的には「やろうとしたからやった、やろうとできなかったからできなかった」というプレースタイルというかスタンスはそれなりに気に入ってしまってます。

まあその、なんというか、SkypeしながらROやってて「おいおいおいおいおいおいちょっとちょっと!」とテンパってレバガチャ状態なのが見え見えなんだけどなんとかしのいだ時に「いやあなんとかなるもんだなwww」というのはこう、自分はなりたくないなあと。あ、上記の事例があったわけではないですが。

そういう場合、もちろん冷静に処理できるのが望ましいわけですが、それができない場合は、
よくわからないけどクリアできた、よりは、
クリアできなかったけど○○が足りなかった、●●すればいけるかもしれない、
とわかってる方が好みです。先日の診断通りですね(’’

というわけで実は最近のjubeatは「譜面追いつかなかったけどとりあえずクリアできた」ってのは個人的には屈辱であったりするわけです。クリアはしたけどさあ!もう1回やってできんの?と地味に壁殴り代行を頼みたい程度には。
jubeatの場合はドライバ層的な「4×4の正しいパネルを押す」ところがちゃんとできてないせいもあってミスタッチも多く、そのせいで逆に難関を押せてたりしてクリアできてたりするんじゃないかと思うとこうイライラなんてレベルじゃないよね!

最初の予想通りまったくオチがついてないけれど、無意識にゲームってのは精神的にも肉体的にも僕には無理だな!という感じで1つ。

Q.大丈夫だったか?
A.ああ、やっぱりダメだったよ。アイツは人の話を聞かないからな…


そういや過去、英語の先生ですげぇと思った人が2人いるんですが、
1人は「英語で思考できるくらいに叩き込め!」な人で、
もう1人は「僕は日本語で全部考えてますよ、変換速度が君らの数倍速いだけですよ」という人でした。
イメージ的には上が無意識派、下が意識派という感じ。

なんとなく自分掘り下げ週間ぽくなってるなあ…占いのせいか。

意識無意識と集中力
[PR]
by lagrange4 | 2011-11-22 02:34 | 雑記
はい、お久しぶりです。
お久しぶりどころかなんか今年もそろそろ年末ですねえという会話をしてるというのに今年2つ目の投稿だったりしますがまあそういうこともあるよね!

性格診断セブンってところでゲーマー種族診断というのがあるのでやってみました。

以下結果の抜粋
軍師族 奇略ゲーマー

軍師族とは?
軍師族は頭を働かせて目的を遂行したり、ゲームの腕前を上げたりする事に喜びを見出す種族です。
論理的で尚且つ争いを恐れず、状況に応じて柔軟に対処する性格なので、自由度と戦略性が高いゲームを好みます。しかし、難しすぎたり思考力で解決できなくなったりすると投げ出してしまいます。
この種族は過程を大事にするので、頭を働かせたり上達する面白みがなければ、クリアしても楽しくないと感じます。
また身につけた技能で悦に入るために、同じステージを何回も遊ぶこともあります。
この種族が好む高品質なゲームはパソコン用に多いです。パソコンゲームを遊ばない人も、診断結果が当たっていると思った場合は、勇気を持って探してみましょう。

奇略ゲーマーとは?
軍師族にもいくつか種類がありますが、このタイプは奇略ゲーマーに分類されます。
興味関心が外界に向き、一人でずっと画面に向かっているのを好みません。なので仲間といっしょにゲームを遊ぶ傾向があります。
馴染みがないゲームでも直感で理解し、長期目標さえ決まっていればヒントが少なくても、頭を働かせて解法を導き出します。そのため、他の種族だと何をやればいいか迷ってしまう複雑なゲームにも耐えられます。
興味を持った事には何でも手を出すため、ほとんどのジャンルが楽しめます。
ただし同じ事を繰り返しやらされると、げんなりします。

この種族の性格傾向
・複雑なことでも楽しみながら挑む
・難しい事にやり甲斐を覚える
・新しいコンセプトを考える
・全体像や将来性を重視する
・決まりきった作業は苦手
・臨機応変
・論理的に考える
・懐疑的、批判的
・実力、知性、効率を重視
・エネルギッシュ
・流暢に話す
・率先して他者を先導する
・様々な事に手を出す

だ、そうですが
「論理的で尚且つ争いを恐れず」
先日の僕のTwitterを見ていれば大体わかりますね(’’
論理的だったかはともかく。


「一人でずっと画面に向かっているのを好みません。」
RO以外はずっと画面に向かってる気もするんだけど…(’’;

「同じステージを何回も遊ぶこともあります。」
クリアできないステージは何度もやるけど基本的にクリアしちゃったものには興味が薄れますな。

後は大体まあ、そんな感じと思ってもらってよさそう


「・全体像や将来性を重視する」
トラビアンの村ごとの予定表(とか必要時間とか必要素材とか)とか、
ROのクエスト終了状況とか、
QMAのキャラ毎のクマフィー取得状況とか、
音ゲーのクリア状況や称号等の取得状況とか
Excelで管理してますが何か…_ノ乙(、ン、)_

といっても「考える時が一番楽しいよね!」というわけでもなくて、予定は実行に移さないと気がすまない、んじゃないかなあ。予定立てて満足はしないです。


・エネルギッシュ
・流暢に話す
・率先して他者を先導する
ダ ウ ト

他人に勧めても「ぇー」となりそうなものとか特に薦める気が起きないので一人で楽しんでますよ( ´-`)
楽しんでくれそうな人には薦めるけど、2、3勧めて否定的な反応されたり「あーそれ知ってるわー」とかな反応されるとこっそり何も薦めなくしてますがまあ問題はないだろうと。

後はまあ、ひいき目もあるでしょうが大体あってるんじゃないかと。

ついでに、ジャンルごとの向き不向きはこちらに

しょうがないにゃあ…
[PR]
by lagrange4 | 2011-11-21 01:22 | 雑記