来年になったら本気だす


by lagrange4
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ラヘル、実装

さて、久しぶりにROに大型パッチが当たりました。
しばらくはこのラヘルパッチについて色々まとめていこうと思います。

公式はこちら

パッチ変更点まとめはここにあるわけですがまあ負荷分散とか自分用にまとめとかそんな感じで|ン、)

ついでにROクエスト案内所をメモに入れたのでそちらもどうぞ。

今日は初回ということでまずは概要とバックグラウンドストーリーを。


まずは概要。今回は結構な大型パッチで、

MAP(フィールド・街・MAP)追加
それに伴い飛行船の停船所追加
新モンスター追加
新装備(DROP、作成)追加

既存Mobの一部に新装備のDROP追加
既存Mobの一部のステータス変更

予定にあったMobの配置変更は無し。

バックグラウンドストーリーですが、未実装wikiからの転載




女神「フレイア」を主神として信仰する宗教国家「アルナベルツ」の首都。
フレイアに仕える巨大な神殿があり、神聖都市とも呼ばれている。

元々は、原住民が住んでいたオアシス地帯の小さな村であったが、
あるとき女神フレイアの啓示を契機に大きな変化を見せた。
女神の神聖な預言は、ラヘルに住む人々の生き方に大きな影響をもたらす。
彼らは彼女に敬意を表し、敬慕することを誓い、
小さなオアシスの村に、崇拝する彼女の家として巨大な寺院を建設した。

ラヘルにおいて生まれた、フレイアを信じる者たちの信頼と情熱は瞬く間に伝播し、
やがてアルナベルツ全土に信仰が広がっていった。
この宗教はアルナベルツの文化や国家と自然に馴染んでいき、人々の心の中心となっていく。

いつしかラヘルは主要な、影響力のある都市へと成長していた。
そして、今ではラヘルはアルナベルツの首都となっている。
しかし国家とは政治と宗教のためにこそ中心にあるのだ。


この街の日常的な賑わいと喧騒にもかかわらず、多くの訪問客は静の空気を感じ、心が安らぐという。
この感覚の一部は、ラヘルを取り囲む自然の美しさや、
サバンナフィールドと緑の大草原によるものと考えられる。
しかし、その大部分はラヘルの民が持つ穏やかな心と態度に帰結するだろう。

アルナベルツがそのドアをルーンミッドガッツ王国に開けた今、
あなたはその身をもってラヘルの優美さと崇高さを体験する事ができるだろう。



…これ公式に記述ありましたっけ。見つけられなかったんですが(’’
さて次回から色々データをまとめていこうと思っております。
[PR]
by lagrange4 | 2007-07-03 23:00 | RO・patch