来年になったら本気だす


by lagrange4
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

太陽の惑星が増える?

太陽系の惑星と言えば何があるでしょう。

水禽地下も九度天界名

…まとめて変換するとえらいことになりますね。
水金地火木土天海冥。

ちなみに冥王星が海王星の軌道の内側にいたのは1979/2/7前後~1999/2/10前後らしいです。

で、本題。
Yahoo!ニュースによると、プラハで開催中の国際天文学連合(IAU)の総会で、8/24の採決で承認がされれば太陽系の惑星が12個になるということです。

なんでそんなに増えるの?という疑問はもっとも。

これは惑星の定義があいまいだったせい。
しんぶん赤旗によると、
今回IAUが惑星の定義についてある提案がありました。その内容は

自己重力に支えられて球形を保つことができる十分な質量をもつ天体で、恒星の周りを回る、恒星でも惑星の衛星でもない天体

これを受けて、
・小惑星とされていたセレス
・冥王星の衛星とされていた「カロン」
2005年に米・カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン博士らが発見し、第10惑星にと主張している2003 UB313、通称ゼナ

の3つが惑星とされるようです。

ところで惑星の名前はローマ神話から名づけられることが多いんですが、今回のゼナ(Xena)って何の神様だっけと思ったら

( ゚Д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

…何も言うまい。


そういやセドナはやっぱり小さすぎるんですかね(’’


参考URL
宇宙船ヘールボップ艦隊下ページの太陽系惑星
ザ・ナインプラネッツ(日本語版)
惑星の旅(音あり注意)
天文・測地・観測所より太陽系の惑星
[PR]
by lagrange4 | 2006-08-17 15:02 | 雑記