来年になったら本気だす


by lagrange4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

言葉はちゃんと。

何も古き良き言葉がいい、っていうわけじゃないんです。
言葉は生き物、時代によって別の意味になったり反対の意味になったりもするでしょう。

会話やチャットならまあ伝わればいいでしょう。打ち間違いとか変換ミスは面白いしネタにもなります。2ちゃん語もある程度通じる場(もしくは相手)なら使うのも気にしません。


でもね。

確率確立とか

延々永遠とか

一応一様

とか面白くもネタにもならんのはいい加減おやおや?頭が悪いですよ?辞書を引いていますか?
とかどこぞのほr(ry みたいなことを言いたくもなるわけで。

ちなみに
確率:一つの事象(出来事)の起こり得る確からしさ(可能性)の度合。また、その数値。
確立:物事の基礎・立場・計画・方針などをしっかりきめること。不動のものとして定めること。
延々:長く続くさま。
永遠:ある状態が果てしなく続く・こと(さま)。永久。
一応:十分といえないがとりあえず。ひとまず。ともかく。ひと通り。
一様:(1)みんな同じような様子である・こと(さま)。
(2)ありふれているさま。普通。

これくらいは辞書を引け、とも思うわけだけど。
個人的にはgoo辞書よりは紙媒体の方が記憶に残りやすいし、調べる最中に他の単語も目に入るしいいことづくめな気はするけどそれはまた別の話。
ちなみに辞書が絶対ってこともないのもつけ加えておきます。



この説明でわからないと相当日本語能力に疑問を抱きたくもなるけどわかりやすく例をあげると
「降水確率は○○%」
「○○する方法を確立した」
「つまらない話を延々聞かされた」
「この時が永遠に続けばよい」
「一応準備はできた」
「誰からも一様な返事が返ってくる」

大体こんな感じでしょか。これで理解できなかったらしらね('A`)

あとは間違ってはいないんだろうけど引っかかるものが、

精算:細かに計算すること。最終的に精密に計算し直すこと。
「運賃を精算する」

清算:取引関係をもつ者の間で、債権債務の結末をつけること。
「借金を清算する」

個人的には清算は
過去に関係していた事柄にはっきりした結末をつけること。
「三角関係を清算する」「過去を清算する」

って意味が強いというか微妙に負のイメージがあるから金額に関しては精算を使いたいって感じ。

あとはそろそろ辞書も変更されそうな「確信犯」。

本来はこれ「正しいと思って罪を犯すこと」。
もう僕も本来の意味で使ってないし、本来の意味で使っても通じないわけだけどもとりあえず知っててもいいかなあということで、

以下Wikipediaより引用
------------------------------------------------------------
道徳的、宗教的、政治的な確信に基づいて、違法な行為をむしろ正しいと信じてなされる犯罪のこと。ドイツ語の Uberzeugungsverbrechen の直訳で本来は法律用語。(Uberzeugungs:確信 verbrechen:犯罪)

「確信」という言葉のもつイメージにより誤用される事が多い。強引に字面から意味を表そうとするならむしろ「盲信犯」と言った方がニュアンスは近い。


一般にみられる誤用
「悪いことと知りながら犯罪を行う人(もしくはその行為)」「結果を予想した上で計略を巡らす人」といった使われ方をする事が多いが、どちらも誤用である。確信犯とは「自分が行う事は正しいと信じきっている」事が最大のポイントであり、本人に「実際は悪い事 / ウラがある作戦」などの意識は無い。(ちなみに、例示した状況は確信犯ではなく「故意犯」と呼ぶのが正しい)

 また、政治的・宗教的犯罪のみに用いられる、もしくは確信犯という言葉そのものが、それら思想的な意味合いを持つというのも間違いである。理由は上で述べた通りであり、多くの辞典に「政治犯や思想犯など....」のように書かれているのは、単に政治犯や思想犯に確信犯が多いため例示されているに過ぎない。


微妙な用例
あなたは電器店の中にある修理部門の担当者。あなたの目の前には故障したテレビがあります

・「よくわからないけど...こうかな?」で壊しちゃった(ただの無能)
・「修理不能扱いにして新品を店で買ってもらおう」でわざと壊した(一般的な誤用の確信犯・もしくは故意犯)
・「これで直るはず!」でも壊れちゃった(過失犯)
・「テレビは社会を汚染するから、テレビを破壊するのは正義である」と壊した(確信犯)


補足 - ドイツ語からの翻訳に関して
ドイツ語の Uberzeugung には「信念・信条」の意味がある。そして、「道徳的、宗教的、政治的な確信」は「信条・信仰・主義」であり、それらをまとめて端的に「信念」ないしは「信条」と表現することも可能である。その意味で「確信犯」は安易な直訳であり「信念犯」「信条犯」といった翻訳の方が適切であったと言えよう。

------------------------------------------------------------

ただの無能テラワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

え、言葉の話してるのにそんな言葉使うのかって?
いいんですよ、その程度のスタンスなわけだもの|ン、)

もう確信犯は一般的な誤用がまかり通ってるけど、さすがに永遠と~とか確立の誤用がまかり通るのはどうかなあと思ったりもするけど当分はそういう間違った使い方をした輩をにやにや眺める日々が続くでしょう。

最後に面白いところ見つけたのでリンク張って本日はお開き。


べ、べつにROでネタが無かったから急遽思いついた話を書いたわけじゃないんだからねっ!
これくらい知っててもらわないと「こんなことも知らない奴の知り合いか」って私が恥をかくからってだけなんだからねっ!

金田一目時の「日本語おもしろ一口知識」
[PR]
by lagrange4 | 2006-03-08 23:00 | 雑記